ほうれい線をなくす美容整形にかかる費用と注目の施術をご紹介!

若々しい肌に導いてくれる美容整形施術で肌年齢対策
マシンに頼るのも悪くないですよ!~効果の高い若返り治療~
二重整形で肩こりや頭痛も解消!~画期的な二重の手術~

本格的な治療をスタート!~マシンが最も効果的~

悩む女性

目の下のくまやたるみがあると、実年齢よりも老けて見られてしまいます。まずは、くまやたるみの原因を知りましょう。次に自分に合った治療方法を選んでください。そして、それぞれの特徴や費用などを把握しておくことも大切です。

30代の目の下のたるみやくまの原因

目の下のたるみやくまの主な原因は、「老化」と「眼窩脂肪」です。肌のハリや弾力を保つために欠かせないヒアルロン酸やコラーゲンの量は歳を重ねるごとに減少してしまい、それが目の下のたるみやくまにつながってしまうのです。もう一つの原因の「眼窩脂肪」というのは、目の下の脂肪のことを指します。歳をとると眼窩脂肪が次第にふくらんできて、目の下の皮膚がたるんでしまいます。また、目の下のくまは眼窩脂肪が影になってできることもあります。

おすすめはマシンを使った治療方法

ヒアルロン酸注入や脂肪注入は手軽に目の下のくまとたるみを解消できますが、効果の持続期間が短いです。そこでマシンを使った治療方法をおすすめします。

サーマクール
サーマクールの最大の魅力は何と言っても“引き締め効果”でしょう。顔だけでなくボディにも対応できる機器があるので、二の腕や首回りのたるみやしわへの効果も期待できます。サーマクールの高周波は、レーザー光線も届かないような皮膚層の奥深くまで作用します。皮膚の表面へのダメージも少なく、施術後すぐに肌が引き締まります。そして、1回の照射で約半年~1年効果が持続します。サーマクールの施術にかかる費用はクリニックによって異なりますが、10万円~30万円ほどが相場です。
ウルセラ
ウルセラは肌の引き上げ効果が期待できます。サーマクールは皮膚層に作用するのに対し、ウルセラは皮膚の下の筋肉に作用します。筋肉に直接熱エネルギーを加えて引き上げることで、目の下のくまやたるみを解消することができます。施術後に約2か月かけて徐々にリフトアップ効果が現れるので、自然に若返りできるというメリットがあります。ウルセラの施術にかかる費用の相場は20万円~40万円ほどです。ただし、ウルセラは気になる部分だけの治療も可能なので、パーツを絞って照射すれば安い費用で行なうことができます。
テノール
テノールの仕組みはサーマクールと同じく、熱を皮膚の真皮層に当てることでコラーゲンの生成を促し、肌にハリと弾力を取り戻すことができます。顔の若返り効果はもちろん、お腹や太ももなどの部分痩せにも適している施術です。ダウンタイムもなく、施術時間も15分~30分と短いので身体にかかる負担が少ないです。テノールの施術にかかる費用は、1回の照射でおよそ3万円です。

おすすめのほうれい線解消方法のご紹介

案内する女性

ほうれい線は実年齢より老けて見られる1番の原因とされています。そんなほうれい線の解消にはどのような治療方法が適しているのでしょうか。今注目されている治療方法をご紹介するので参考にしてみてください。

ほうれい線は老け顔に見える最大の原因

鼻の両わきから口角に向かって入るしわをほうれい線といいます。ほうれい線があるとどうしても老けて見えてしまいます。老化とともに肌のハリがなくなると、しわが刻まれてしまい簡単には戻せなくなってしまうのです。

ほうれい線の原因

ほうれい線ができてしまう一番の原因は、ズバリ老化です。おじいちゃんやおばあちゃんにほうれい線があるのは老化によって皮膚がたるんでしまうためです。歳を重ねるごとにコラーゲンやヒアルロン酸が減少していくので、肌のハリを保てなくなってしまうのです。他にも、肌の乾燥や紫外線が原因の場合もあります。肌の乾燥は表皮に細かいしわを作り、やがてそれがほうれい線となってしまいます。また、紫外線のダメージは真皮にダメージを与えるので、肌の弾力が奪われほうれい線ができてしまうのです。

注目されているほうれい線解消方法は「金の糸」

“ゴールデンリフト”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは金の糸を使った施術で、弾力のある肌になり若返り効果が期待できると言われています。髪の毛ほどの細さの純金の糸を、ほうれい線が気になる箇所に埋め込んでいきます。金の糸は表皮の下にある真皮層に格子状に埋め込みます。沖縄でもこの美容整形を受けることができますし、大阪の美容整形外科でも行なわれています。金の糸は「創傷治癒」と「免疫反応」を利用した、全く新しい美容整形です。金の糸を埋め込まれたことで傷ついた組織を治そうとする「創傷治癒」と、金の糸という異物を体外に出そうとする「免疫反応」によって、コラーゲンやエラスチンがたくさん作られるようになります。これがほうれい線を解消できる金の糸のメカニズムです。

金の糸の費用相場~価格設定は高め~

金の糸を使った美容整形の費用はいくらくらいですか?
ほうれい線をなくしたいということであれば、40万円前後での施術になります。ほうれい線も気になるし、目の下のたるみやくまもどうにかしたいということであれば、顔全体に金の糸を埋め込む必要があります。顔全体の場合は80万円~100万円くらい必要になります。少し高いように思えますが、パーツごとに何回も施術を受けるよりは、1回の施術で気になる箇所をまとめてやってしまったほうが、経済的にも身体的にも負担がかからないのでおすすめです。

美容整形外科選びが重要

金の糸を使った若返り治療は安くないので、どうしても安いところを探してしまいがちです。しかし、あまりにも安すぎるところだと金の糸の量が少ない場合があるので、思うような効果を得ることができません。金の糸は一度埋め込んだら取り出すことはできないので、値段だけでなく実績のある美容整形外科を慎重に選ぶことが大切です。

TOPボタン